あなたはミッドサマーの機会、充分ご飯を食べていますか?「暑くて暑くて、とてもじゃないけど召し上がる気にならない…」「近年絶えず飲み物ばかり飲んでいる気がする」など、体が火照ってしまい、食欲がとにかく落ちてしまいがちになりますよね。

しかし、ここでちゃんと栄養バランス可愛らしく食べていないと、目眩や立暗み、ひいては食欲の回復する秋にドカ食いを通じて肥えるリスクもあります。

これらを遠ざけるためにも、できる限り食欲の出ない夏にも栄養をきちんと摂らなければなりません。

夏季でも食べられそうな物質といえば、素麺や冷やし中華、かき氷など、体をクールダウンして得る飯が思い浮かびます。

しかし、かき氷は砂糖に氷が主な材料ですし、素麺や冷やし中華は炭水化物が多すぎます。
これといったタンパク質もビタミンミネラルも服用できません。

そこで、そういう栄養失調を解消して得るお役立ちフードが存在するのです。
それは、「ところてん」。

ところてんなんて、素麺と同じくらいに栄養がなさそうじゃん」という方も多くいるでしょうが、ところてんの材料は「天草」という海藻。
天草にはたっぷりの食物繊維が塞がり、腸内環境を良くしてくれる働きがあります。

毎日の生活慣習や食事が壊れがちな現代人には、どうしても積極的に取り入れてほしい飯だ。

ところてんの良いところは、提供自在な件もあります。
黒蜜をかけてお菓子も良いですし、黒酢をかけて、夏季らしく何らと頂くのも美味いですね。http://xn--u9j9ec4f2g5a5no90vm1f0r1h.biz/